株式会社オンガエンジニアリング

株式会社オンガエンジニアリング

沿革

昭和48年九州理化電機(株)設立、資本金600万円 ペンレコーダ、検塩計生産とACサーポ開発
昭和50年工作組立工場増設 工作機械導入、自社内で板金加工実施
昭和56年工場増設・多品種少量向けライン新設
昭和58年社名を(株)オンガエンジニアリングに改称
マイコン応用機器を利用した自社製品開発(光多重電送装置)
昭和60年資本金1,000万円に増資 実装ライン増設
昭和62年OEM向けコントローラの開発、プリント基板チェッカー開発
平成元年久留米出張所開設(後に久留米研究室に改称)
平成2年設計部門増設 回路設計及びプリント基板開発用キャド導入
資本金3,000万円に増資 赤池工業団地に赤池工場新築(第一期工事)
板金加工から実装・組立までの設備増強
NCタレットパンチプレス、NCベンダー6尺用、自動半田槽
平成5年YSM-87C、ラウンドパレットコンベアー等増設
平成8年ピニールハウス自動開閉装置の製作販売 赤池工場増設(第二期工事)
平成9年各種装置の企画設計から板金、実装、ハーネス、組立、調整までの一貫設備の充実
平成11年タイヤモンドプロジェクトの立上
平成12年宮崎に営業所開設
平成14年ソーラー式警報装置の製作販売 ピニールハウス自動開閉装置に関するITシステムの開発
株式会社システムハウスと合併し、資本金46,000,000円となる
新規事業が経済産業省の新規産業創造技術開発補助事業に採択される
同事業が中小企業創造活動促進法に基づく研究開発等事業計画の認定を受ける(14産技振第311号)
IS0 14001認証登録(JICQA登録番号E489)
Dプロ長崎研究室開設
平成16年IS0 9001認証登録(JICQA登録番号1975)
平成17年Dプロ福岡研究室開設
平成18年ナノバブル水エアサプリウォータの研究開始 熊本県小国町にて生産開始
平成19年農作物・養豚用活性水の研究開始
音声対話による自動制御及メンテナンスシステムの研究開始
平成20年赤池工場管理棟完成
平成21年応用技術研究所開設(北九州学術研究都市内)
平成23年岡山に営業所開設
平成24年熊本に営業所開設
台湾社員旅行
平成26年茨城に営業所開設
平成27年福岡県から経営革新計画承認
弾性波送受信プローブ(BP-102)特許出願
平成28年愛知に営業所開設
「複合共振倣による非接触応力測定法及びその測定装置」特許出願
国の一般競争(指名競争)参加資格取得
平成29年本社に営業本部開設
プレスブレーキ(FMBII3613NT)導入
タレットパンチプレス(AE255NT)導入
L-DEBO製3Dプリンター2台導入
ソリッドワークス製3DCAD導入
上海・蘇州社員旅行