沿革

昭和48年 九州理化電機(株)設立、資本金600万
ペンレコーダ、検塩計生産とACサーボ開発
昭和50年 工作組立工場増設
工作機械導入、自社内で板金加工実地
昭和56年 工場増設
多品種少量向ライン新設
昭和58年 社名を(株)オンガエンジニアリングに改称
マイコン応用機器を利用した自社製品開発(光多重電送装置)
昭和60年 資本金1,000万に増資
実装ライン増設
昭和62年 OEM向けコントローラーの開発、プリント基板チェッカー開発
平成元年 久留米出張所開設(後に久留米研究室に改称)
平成02年 設計部門増設
資本金3,000万に増資
赤池工業団地に赤池工場新築(第一期工事)
回路設計およびプリント基板開発用CAD導入
板金加工から実装・組立間での設備増強
平成05年 NCタレットパンチプレス、NCベンダー6尺用、自動半田槽YSM-87C、ラウンドパレットコンベアー等増設
平成08年 ビニールハウス自動開閉装置の製作販売
赤池工場増設(第二期工事)
平成09年 各種装置の企画設計から板金、実装、ハーネス、組立、調整までの一貫設備の充実
平成11年 ダイヤモンドプロジェクトの立上
平成12年 宮崎に営業所開設
平成14年 ソーラー式警報装置の製作販売
ビニールハウス自動開閉装置に関するITシステムの開発
(株)システムハウスと合併し資本金4,600万に増資
新規事業が経済産業省の新規産業創造技術開発補助事業に採択される
同事業が中小企業創造活動促進法に基づく研究開発等事業計画の認定を受ける(14産技振第311号)
ISO14001認証取得
Dプロ長崎研究室開設
平成16年 ISO9001認証取得
平成17年 Dプロ福岡研究室開設
平成18年 機能水エアサプリウォーターの研究開始
熊本県小国町にてエアサプリウォーターの生産開始
平成19年 農作物・養豚用活性水の研究開始
音声対話による自動制御およびメンテナンスシステムの研究開始